キャリア

【迷ったら一択】転職サイトはBIZREACH(ビズリーチ)に登録するべき理由3つ【登録手順も解説】

この記事では、

  • 転職サイト・転職エージェントが多すぎて、どれに登録すればいいのかわからない
  • 現時点で積極的に転職を考えているわけではないが、自分の市場価値を確認するために転職サイトに登録することを考えている
  • ハイクラスな転職を目指している

といった方向けに、転職サイトのBIZREACH(以下ビズリーチ)について紹介・解説していきます。
私自身、数年来ビズリーチを利用していますので、その経験も踏まえながら進めていければと思います。

また、後半でビズリーチへの登録手順についても実際の画面付きで解説していますので、是非参考にしてみてください。

ビズリーチ登録にあたって、「どのような情報を登録する必要があるのか」「登録情報はどこまで公開されるのか」「勤務先に転職活動していることがバレないか心配」といった疑問についても回答しています。

【筆者について】
英語圏海外駐在経験5年の経理マンです。

【経歴・資格など】
・TOEIC500点から945点までスコアアップし、20代で海外赴任の機会を得る。
・簿記1級は受験3回目で何とか合格。
・現在、新卒で入った会社に10年以上勤務中も、一時期転職活動を行っていた。
 妻が転職2回で年収を300万上げた強者であることもあり、転職事情にも知見がある。

ビズリーチとは?

既にご存知の方が多いと思いますが、ビズリーチとは企業・転職エージェント・転職希望者の三者をマッチングさせるハイクラス求人向けの会員制転職サイトです。
2022年4月時点で、2万社以上の企業、159万人以上の登録者に利用されています。

ビジネスパーソン、国内外の優良・成長企業、各業界に精通した一流ヘッドハンターの三者を最適かつ効率的にマッチングする即戦力人材に特化した会員制転職サイトです。

ビズリーチビジネス

参照:ビズリーチ ウェブサイト / ビズリーチ ウェブサイト  > 人材業界の実態

従来の転職活動は、転職希望者が企業や転職エージェントに対して申し込みをするところから始まっていたと思います。一方、ビズリーチを利用した場合、転職希望者はビズリーチに職務経歴書を登録することで、逆に企業や転職エージェントからアプローチ・ヘッドハンティングを受ける形となります。

これまで、日本の転職市場は可視化されていなかったため、多くの企業はハイクラスの採用を人材紹介会社に任せるしかなく、主体的に活動しにくい状況にありました。また、ハイクラスの求職者は、限られた選択肢からしか次のキャリアを見つけられませんでした。

一方海外では、企業が人材データベースやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを利用して、条件に合った人材に直接アプローチして採用する「ダイレクトリクルーティング」が主流で、企業は主体的に採用活動を行っています。そこでビズリーチは、即戦力人材に特化した人材プラットフォームをヘッドハンターのみならず企業にも公開し、日本のハイクラス人材の転職市場を可視化しました。

企業は求職者へ主体的にアプローチすることで、優秀な人材をより早く、安く採用できるようになり、求職者も今まで知りえなかった企業から連絡を受けることで、キャリアの可能性と選択肢を最大化できるようになりました。

参照:ビズリーチ ウェブサイト

ビズリーチに登録するべき理由3つ

では、早速ビズリーチに登録するメリットについて説明していきます。

1.登録すると様々な転職エージェントから連絡をもらえる

前述の通り、ビズリーチは「職務経歴書を登録した転職希望者」と「企業からの依頼を受けて人材を探している転職エージェント」を繋いでくれます。

通常、各転職エージェントにはそれぞれ得意とする分野や業界、求人レベルがあります。

もし、転職エージェント1社にしか登録しておらず、そのエージェントが転職希望者の希望する案件を持っていない場合、ミスマッチが生じてしまいます。
一方、あるエージェントが転職希望者の求める案件を持っていたとしても、転職希望者がそのエージェントに登録しなければ、折角マッチする案件があってもそれが出会うことはありえないわけです。

その点、ビズリーチに登録しておけば、様々なエージェントの目に留まり、エージェントの側から声をかけてもらえます。

特に転職活動を始めたばかりの人にとっては、転職エージェントに何回も登録する必要がなく、効率的な転職活動のスタートをきるのに有用です。

なお、私も日々ビズリーチ内でエージェントからのオファーを受け取っていますが、パ●ナ、J●Cリクルートメント、リ●ルート等、誰でも知っているエージェントからのコンタクトも多いです。
大手の転職エージェント側にとってもビズリーチは信頼度の高い、利用価値の高いサービスなのだと感じます。

2.登録すると企業からの直接オファーがもらえることもある

これは従来の転職ではあまりなかったことですごいなと思ったのですが、ビズリーチではエージェント経由ではなく企業から直接オファーが来ることがあります。

実際、私も下記のような企業群からオファーをいただいたことがあります。

  • 日系大手自動車会社
  • 日系大手電機メーカー
  • 日系大手食品会社
  • 日系大手医療メーカー
  • 日系大手商社
  • 日系大手IT企業
  • 日系大手金融
  • BIG4コンサル
  • 有名外資系メーカー複数

企業としては、転職エージェントを挟まないことで採用費用も抑えられるのが利点なのだろうと思います。

一方、我々のような転職を検討する者にとっては転職エージェント経由ではないことで、エージェントのサポートを得られないなどのデメリットもありそうです。

ただ直接連絡をくれているくらいですので、企業も高評価をしてくれており、面接通過の可能性も比較的高いと考えられます。もし興味のある企業からのオファーがあった場合には、積極的に狙っていくのもアリだと思います。

3.案件のクオリティが担保されている

ビズリーチでは、ビズリーチが設けた厳正な基準をクリアした国内外の優良企業・エージェントしか採用活動を行えません。これにより、登録者にオファーが来る案件は一定以上のクオリティが担保されていると言って良いでしょう。また、ビズリーチでしか出会えないような求人もあるようです。

1. プラチナスカウト
国内外の優良企業と、厳正な審査をクリアした一流のヘッドハンターが、あなたの職務経歴書を見て直接スカウトします。受け取ったスカウトは、転職活動のきっかけになるだけでなく、ご自身の市場価値を理解するのにも役立ちます。

2. 厳選された企業・ヘッドハンター
外資・日系大手などの優良企業、厳正な審査を通過した5,200名以上の優秀なヘッドハンターから、スカウトが届きます。スカウトの返信を行うことで、積極的な転職活動が可能になります。

3. クオリティーの高い求人
ビズリーチならではの、役職、ポジション、待遇等、ハイクラスの方々に向けたものをメインに、他には出回っていない求人が多くあります。

参照:ビズリーチ ウェブサイト >ご利用ガイド > ビズリーチとは

一方で選別されるのは、企業、転職エージェントだけではありません。我々登録希望者も審査を受け、条件を満たさなければ不承認とされ、ビズリーチを利用することができません。

厳しいと感じるかもしれませんが、企業、転職エージェント、登録者の全てに一定の要件を設けることで、ビズリーチは現在のハイクラスに特化したサービスを提供できているということになろうかと思います。

ビズリーチでは、新規会員登録時、すべてのお客様に対して登録内容の審査を実施しています。 審査の結果は、3営業日以内にメールにてご連絡します。

審査基準は、ビズリーチに掲載している求人情報の応募条件を満たすキャリアをお持ちであることです。 ただし、具体的な審査基準は公開しておりません。あらかじめご了承ください。

参照:ビズリーチ ウェブサイト > Q&A > 職務経歴書の登録・変更・審査について > 審査とは何ですか?

TOEIC900点・簿記1級 転職エージェント登録
【良案件多数】TOEIC900点台・簿記1級の経理マンが転職エージェントに登録した結果この記事では、TOEIC900点台・簿記1級の私が転職エージェントに登録した結果、どのようなオファーが来たのかについて公開します。 結論から言うと、誰もが知っているような大企業から自分でも驚く程の大量のオファーが来ています! 特に、20代・30代の方、英語を勉強している方、経理職の方にとっては、企業の採用ニーズを知ることができ、参考になると思います。...

ビズリーチへの登録 疑問や登録手順

1.ビズリーチへの登録にあたって

まずは、自分自身が登録の前に気になっていたことも踏まえ、想定される主な疑問点について解説します。

・登録・利用は有料か?

基本的に無料で登録・利用が可能です。

使えるコンテンツや確認できる案件が増える有料プランもあるのですが、私は無料のままで利用しています。
私の利用体験からは無料プランでも全く問題ないと考えていますが、有料プランのコンテンツが必要という方がいましたら有料プランに申し込むと良いでしょう。

ビズリーチ 料金プラン参照:ビズリーチ ウェブサイト >ご利用ガイド > ビズリーチとは

・ビズリーチへの登録が勤務先にバレないか?

企業ブロック設定という機能がありますので、心配ありません。

「設定」の画面から、職務経歴書を公開したくない企業を設定できます。現在の勤務先や関連会社などを検索して設定しましょう。

私も下記のような形で設定しています。ビズリーチは数年来利用していますが、今のところ会社にバレている兆候はありません。

企業ブロック設定

・登録する情報と公開される情報は何か?

登録する情報については、後述のビズリーチへの登録手順をご確認ください。
基本的には通常の転職サイト・転職エージェントに提供するような情報と同じです。

また、登録された情報の公開については下記の通りとなっています。
勤務先に知られたくないという方は前述の「企業ブロック設定」機能を活用しましょう。

登録された職務経歴書の審査承認と同時に、「氏名」「メールアドレス」「電話番号」「生年月日」以外の情報はすべて公開されます。

参照:ビズリーチ ウェブサイト > Q&A > 個人情報の公開範囲・取扱いについて > 登録した情報はどこまで公開されますか?

・ビズリーチの審査に通るか不安

前述の通りビズリーチには登録審査があり、残念ながら審査が通らずに不承認となってしまうケースもあるようです。

具体的な審査基準は公開されていないため、審査が通るかどうかは申し込んでみなければわかりません。
ビズリーチを利用したい方はまずは登録し、審査結果を待つ形となります。通常は3営業日以内にメールにて審査結果の回答があるとのことです。

ビズリーチでは、新規会員登録時、すべてのお客様に対して登録内容の審査を実施しています。 審査の結果は、3営業日以内にメールにてご連絡します。

審査基準は、ビズリーチに掲載している求人情報の応募条件を満たすキャリアをお持ちであることです。 ただし、具体的な審査基準は公開しておりません。あらかじめご了承ください。

なお、審査承認後も、定期的に会員情報や職務経歴書の審査を行っており、万が一審査基準を満たしていない場合は、サービスの利用停止、または会員登録の解除を実行する場合があります。

参照:ビズリーチ ウェブサイト > Q&A > 職務経歴書の登録・変更・審査について > 審査とは何ですか?

なお、もし審査が不承認となった場合でも、職務経歴書を更新することで再度申し込みができるようです。

職務経歴書を更新していただきますと再度審査が可能です。

参照:ビズリーチ ウェブサイト > Q&A > 職務経歴書の登録・変更・審査について > 審査の結果、不承認や見送りとなった場合、再度審査してもらえますか?

・その他の疑問は「Q&A」で確認しましょう

以上、自分がビズリーチに登録した際に気になった点をざっと解説しました。

これ以外にも気になる点がある方は、ビズリーチのウェブサイトに「Q&A」がありますので、こちらをご参照ください。ここでほとんどの疑問は解消できると思います。

2.ビズリーチへの登録手順

以下では実際の画面を使用して、ビズリーチへの登録手順を解説していきます。

ビズリーチの登録サイトにアクセスします。

②ビズリーチにメールアドレスとパスワードを登録します。

下記がビズリーチの登録サイトです。
メールアドレス以外でも、GoogleやFacebookのアカウントを利用した登録もできます。

「同意して、会員登録(無料)する」をクリックすると、登録した連絡先に認証コードが送られます。

下記はメールアドレスを利用した場合ですが、下記の通り認証コードが送信されてきますので、上記画面にコードを入力します。

認証コードを入力すると、下記の通りパスワードの設定を求められますので、パスワードを設定します。

③ビズリーチに基本情報(職務経歴書)を登録していきます。

ウェブページの案内に従い、職務経歴書に使われる基本情報を順次入力していきます。
内容は登録後も修正できますので、サクサク入力していきましょう。

【現在の年収】

【性別】

【居住都道府県】

【生年月日】

【語学力】
英語レベルやTOEICのスコア等を入力します。

【最終学歴】

【氏名】

【携帯電話番号】

【転職経験の有無】

【転職希望時期】
迷った場合は、とりあえず「今は転職を考えていない」で問題ありません。

【直近の在籍企業の情報】
会社名、部署・役職名、入社時期を入力します。

【直近の在籍企業の業種】

【直近の在籍企業の職種】

【直近の在籍企業での業務内容】
現在の業務内容を簡潔に入力します。記入内容に迷った場合は、サンプルを参考にしてみましょう。

【基本情報の入力完了!】
ここまで入力が完了することで(実際はビズリーチ側での登録審査があるのでまだですが)、転職エージェントからのオファーを受け取れる状態になります。

④ビズリーチに詳細情報(職務経歴書)を登録していきます。

引き続き、ウェブページの案内に従い、職務経歴書に使われる詳細情報を順次入力していきます。

【直近の年収】

【マネジメント経験】

【経験業種】

【経験業種の経験年数】

【経験職種】

【経験職種の経験年数】

【職務経歴】

【希望年収】

【希望業種】

【希望職種】

【希望勤務地】

【働き方】

【保有資格・免許】

【社内外表彰歴】

【スキル】
営業であれば「新規顧客開拓」、経理であれば「連結決算経験」といったような形でスキルを入力します。
記入内容に迷った場合は、サンプルを参考にしてみましょう。

【これまでのキャリアの職務要約】
これまでのキャリアを400文字程度にまとめます。
記入内容に迷った場合は、サンプルを参考にしてみましょう。

【特記事項】

【詳細情報入力完了!】
以上で職務経歴書の作成が完了です。お疲れ様でした。
全ての入力が終わると下記会員用トップページに飛びます。
こちらのマイページでは、「職務経歴書」タブから入力した内容の修正・追記も行えます。勤務先に転職活動を知られたくない方は念のため急ぎ「企業ブロック設定」を確認しておきましょう。

また、ビズリーチからは下記の通り、

・会員登録完了
・審査開始

のメールが来ているはずですので、念のためこれらも確認しておきましょう。

あとは、ビズリーチから審査結果が来るのを待つのみです。

まとめ

まとめになりますが、ビズリーチに登録するべき理由は次の3つになります。

私個人としては、転職をすることについては基本的に中立に考えていますが、今の会社よりもいい条件があるかには常にアンテナを張っていたいので、そのために転職サイト・エージェントを活用しています。
そういった面でも様々な企業や転職エージェントからのオファーが期待できるビズリーチはとても使い勝手がよくて重宝しています。

転職サイト・エージェントをうまく利用して、キャリアを構築していきましょう。

同じ会社に長く勤めることのメリット4つ・デメリット5つこの記事では、国内数千人規模の会社で10年以上勤務した中で経験してきたことや今感じていることをもとに、同じ会社に長く勤めることのメリット・デメリットを解説していきます。 ・転職が当たり前になってきている中で、転職をしないことに漠然と不安を感じている ・今の会社が自分に合っていると思うので長く勤めるつもりだが、やはり多少の不安はある ・転職が多めで同じ会社に長く勤めたことがなく、長く勤めた場合にどうなるのか知りたい といった方にとって、これからのキャリアを考える一助になればと思います。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA